プレゼンは魅せるもの

プレゼンは良く見せるものではなく魅せるものと言われます。
例えば自社の商品を取引先に紹介するプレゼンテーションだったとします。

魅せるプレゼンとは

その時、単純に商品を見せてその良さが伝わるでしょうか。見ているだけではなかなか伝わらないのが、プレゼンの怖いところなのです。
だからこそプレゼンは見せるのではなく魅せるといわれるのです。

その商品がどういったもので、どういったときに使えて、どういった効果があって、どういった魅力があるのか。
それらの情報をまとめて説明するのがプレゼンテーションです。

プレゼンと聞くとそれらの目的よりも「緊張するなぁ」ということや「どうしたらいいのか」と考えるばかりで、目的を失っている方がいます。
これらは非常に目的違いになりやすいので、まずはプレゼンがどういったことが目的で行われるのかということについて考えていくことが必要となります。

毎日のようにプレゼンのことが頭から離れなくなればそれはそれで正解です。
お風呂に入っているときや食事のときに良いプレゼンテーションの案が浮かんでくるかもしれません。

後はそれに合わせてどういったプレゼンにするのかを考えていくだけなので、頭の中のプレゼンということについて考え直してみると良いと思います。
そもそもプレゼンというのは誰もができるもので、いかに工夫するかで変わってくるのです。

まずは魅せるプレゼンの方法について学んでいきましょう。特に視覚的に魅せるということは重要で、それが上手くいけばプレゼンも大丈夫です。

プレゼンの魅せ方とは

それではどういった資料が魅せられる良い資料なのでしょうか。
大半の方は紙で文章を書き、太字にしたり、表を使ったりして資料を作っていくと思います。
しかし、それだけだと不十分ということもあります。何が不十分なのかというと、例えば見る側になってみると良いです。

見る側になると、いかにどこか良くないかということが見えてくるので、その点を良く魅せられるようにしましょう。
例えば単純に文章で構成する資料ではなく、画像や写真を入れるとより分かり易いですし、何より視覚的な効果が与えられるので、魅せるということを実現できると思います。

プレゼンが苦手な方の中には「つまらなさそうに聞いている方がいる」ということで恐れている方もいます。
そういった方も画像があればより分かり易く頭に入ってくるのでプレゼンの話しも聞きやすいと思います。

最近は映像を組み込んだプレゼンの方法なども人気となっており、映像で説明すると、より一層具体性が出てくるのでお勧めです。
これからより良いプレゼンがしたいという方は、それらのことを試してみると良いと思います。

好評だったときには自分の評価にもなるので、自信もつきますし、働くのが楽しくなると思います。