口下手を治すには

口下手なことがコンプレックスという方もいると思います。
口下手というのは人前に出るとなかなかうまく話せない方のことを言うのですが、普段の会話なども苦手な方がいます。
これは育ってきた環境や個人の性格などがかかわってくるので、その分改善するのは難しいことでもあります。

しかし、口下手は治すことが出来るのです。
話すのが苦手でも、原因とコツさえわかればまったく問題なく会話できるようになるので、まずは自信をもっていきましょう。
口下手な方は総じて自信がないように見えるので、まずは自信をもって胸を張って口下手になりましょう。

それが第一段階です。話がうまくなくても、大きな声で話していて、まとまりがなくても楽しく会話している方がいますよね。
そういった方は自分のことを口下手だと思っていながらも、口下手を改善する努力を実は自然とできている方たちなのです。

原因を知る

口下手になってしまったことには原因があります。
多くの場合は精神的な原因が多くあり、例えば「自分との会話がたのしくなかったらどうしよう」と思っている方もいますし、「人前で話すなんでできない」と思っている方も多いです。

実はこの考え方から、話が下手になっている方が多いのです。
原因が分かればそれに対処できるので、まずは自分がどうして口下手なのかを知ってみると良いと思います。
その原因というのは意外と身近にあるので、それらをリストアップして一つずつ対処していくと良いです。

口下手を治すには

精神的な問題が多く絡む口下手は、まずは精神面を鍛えることで改善されることがあります。
さきほども言ったように、口下手な方は基本的に自分の自信を失っている方が多いですし、精神的に気弱な方が多いです。

さらには根はすごく真面目で「もっとよくしたい」と考え過ぎて口下手になっている方もいます。
これらは精神的な面が強いので、まずは心を安定させてゆっくり話すようにしましょう。

話の合間に一呼吸一呼吸意識することで、緊張の糸がほどけていきます。
口下手な方の中にはたくさんの話しをしようとして、逆に早口になってしまったり、とりとめのない話になってしまうことがあります。

そうならないためにも説明が終わる度や、句読点を意識してゆっくり説明するようにしましょう。
これを実際に取り入れるだけで口下手という印象は少なくなってきます。
しかし、露骨に呼吸をするのではなく、話しながら冷静に呼吸することが重要です。

確かに緊張すると頭が真っ白になることがあります。それは仕方ないことですし、手元には資料があるので大丈夫です。
まずは冷静になって話をゆっくり進めていくことが何より大切。
そして、精神的に大きなゆとりを持つことで口下手は解消できます。