プレゼンが苦手な方へ

a0001_008193

「プレゼンテーションが苦手」という方も多いのではないでしょうか。
人前で話すことが苦手という方もいると思いますし、そもそも話が下手でプレゼンに自信がないという方もいます。

プレゼンが苦手という方へ

人間は人とかかわることが大好きな方もいますが、それが苦手な方もいて、コミュニケーションが苦手な方はプレゼンも苦手という傾向にあります。
もちろん一概には言えませんが、それでも毎日のように人とかかわっている人とまったく人とかかわっていない人で比べるとプレゼン能力にも差が出てくることがあります。

しかし、プレゼンが苦手ということで劣等感を感じることはないです。
どんなことでも練習すればうまくなりますし、この先ずっとプレゼンが苦手ということはありません。

まずはしっかり自分の適性を見て、そのうえでプレゼンをしていくのが良いと思います。
ここからの記事では、プレゼンテーションをするときに、どうやったらうまくいくのかということについてや、上達するポイントなどについて説明します。

これを読むだけで完璧になるということはないと思いますが、まずはしっかり自分の能力を判断して、プレゼンの能力を上げていくことをしてみましょう。
それが出来れば「プレゼンテーションが苦手」と思う自分を払拭して、新しい能力として身に着けることが出来ます。

プレゼンテーションが出来るということは立派なスキルになるので、苦手意識を克服することが出来たら、その分自信のある社会人ライフが送ることが出来ると思います。
なお、大学生のプレゼンにも参考になると思うので、大学生の方も読んでみると良いと思います。
こちらのサイトでは、プレゼンが苦手な人のためにうまいプレゼンの仕方が書かれています。

プレゼンの仕方

社会人大学生のプレゼン

実際に社会に出てからプレゼンで躓く人と、大学や専門学校などのプレゼンで躓く人がいます。
前者の場合は、学生時代にプレゼンをしたことがないという方に多く、後者の場合は学生で初めてということもあり、それが躓く原因になったりもします。

しかし、どちらもしっかり行っていけばまったく問題はないので、それらを利用して、より良いプレゼンができるようになることが先決です。
こちらのサイトでは、プレゼンで緊張してしまう人のための対策方法が載っています。

プレゼンの緊張対策

プレゼンが苦手だと思っている方は、大半の方が心配性の方であったり、極度のあがり症だったりします。

それらは正直なところ、自分の性格の一部なので改善は少し大変かもしれません。
ただ、しっかり準備して練習を重ねておくと、それだけで自分のスキルになるので自信を持ってまずは挑んでみましょう。

プレゼンであがらないためには

上達のポイント

プレゼンであがらない方法を紹介 上達のためにはあることをすればいい

口下手を治すには

プレセンのうまい人の考え方

口下手は治すことができます プレゼンの上手い人を参考にしましょう

やってはいけない行動

プレゼンでやってはいけないこと