プレゼン準備

プレゼンの準備に関する技術習得することから始まります。
おそらくプレゼンテーションをするということは、具体的にどういったことについての案件でのプレゼンなのかということについてはわかっていると思います。

例えば会議でのプレゼンテーションであれば、そういった資料を基に自分の考え方や企画、提案をすることもあると思います。
また、企画会議でない場合は事業についての説明を他社や親会社、子会社などに説明するプレゼンもあると思います。

さらには、もっとラフな形でプレゼンをする企業も増えています。
欧米のスタイルを積極的に取り入れている会社も多くなってきており、近年単純にプレゼンとはいっても、形が定まらないことがあります。
まずはそれらをしっかり固めていきましょう。

具体的になにをするのか、何が目的なのか、話を聞く側がなにを求めているのかなどについてしっかり考えることで、おのずと自分が準備すべきことが分かってくると思います。
また準備に関しては、入念にしておけばおくほど良いです。

入念な準備

例えばプレゼンの話し方に関する準備をしておけば、当日話し方で籠ってしまうことなどはなくなると思います。
この方法については後に説明しますが、やはりどうしても緊張するという方は、この準備をしておけば間違いなく有利に進めることが必要です。

また、他に準備しておくものなどは、資料などが一般的です。
資料がないプレゼンはプレゼンとは言えません。

会社内での井戸端会議のようになってしまうので、資料などは詳しい説明をするためにも便利です。
この資料を入念に準備しておくことで、まず間違ったことにはなりませんし、情報が不足している場合は、資料を使って補って説明していくことも可能となります。

準備のメリット

しっかり準備しておくことはその分メリットも大きいです。
日中も仕事して、夜はプレゼンの資料なんて作る気にも慣れないという方がいると思いますが、当日のことを想像してみてください。

まったく準備していないとどうなるのかわかりますよね。
「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、準備しておくことで様々なメリットがあるのです。

また、準備が良いと当日のプレゼンの内容も良くなるので車内での評価も良い方向に進みます。
そうなると、次プレゼンするときに自信になりますし、参考にもなると思います。

社会人になると良い意味で「いかに自分の負担を減らすか」ということを考えている方も多くなってきます。
それがサボりと思われないようなプレゼン準備をしましょう。準備だけしておけば、質疑応答の際などにも応えることが出来、話も円滑に進めることが出来ます。
わからないところは自分で調べておきましょう。