プレゼンテーションの基本

プレゼンテーションの基本について知ることが出来たら、誰もが怖いと思うことはなくなります。
おそらくこのサイトにやってきた方も「プレゼンテーションが怖い」という方や「プレゼンなんて全くやったことがないからわからない」という方もいると思います。

プレゼンテーションについて

そもそもプレゼンに慣れている方は、すんなりと資料を作成して、話をすすめていきますからね。
まずは基本的なことについて知っておくと便利なので、プレゼンとはいっても一つ一つ分解してみていくことでわかると思います。

ここからの記事では、まずはプレゼンテーションの基本的なことについて話していくので、内容を分解してみていくことが良いと思います。
毎日仕事をして時間がないという方でも、一日一日しっかり作っていけばまったく問題がないので、まず最初に何をするべきなのかということについても知っておくと便利です。

話をより詳しくしていくために、まずはプレゼンの準備方法や話し方についてなどの基本的なことから説明し、それらの練習方法や質疑応答に関して等を説明していきます。
さらにはSDS法やPREP法などについても説明していくので、本当にプレゼン初心者の方のための情報となります。

ただ、便利な情報なども挙げていこうと思うので、それらを駆使してぜひ「プレゼンなんて怖くない」と思えるようになりましょう。
苦手意識を持っている人も多くはやってもいないことを不安に思ってしまったりすることがあるので、それらは避けていくことが必要です。
こちらのサイトではプレゼンテーションの基本的なことをおさらいできます。

プレゼンテーションの基本

不安の種

プレゼンの不安の種とはどういったことがあるでしょうか。
まずは考えてみると良いと思います。

リストなどがある場合は、それらを活用してみるとさらに具体性が増してプレゼンもしやすくなると思います。
例えば不安になることが「人からの評価」だったとします。

それはたしかに気になりますし、怖いと思います。ただ、考えても見ると相手は同じ社会人です。
自分の立場に立ってみると、一生懸命プレゼンをしようとしている方を悪く思う方は少ないのではないでしょうか。

人間の不安というのは実は8割実際には怒らないと言われています。
つまり、実際に起こるのは2割の不安だけということです。

これが終わってみると「たいしたことなかったな」という感想に繋がるのです。
不安になることはとても良いことです。なぜならしっかり準備するからです。

それらの自分の気持ちをしっかりコントロールして、プレゼンをうまく進めていくことにしましょう。
では早速、詳しいプレゼンテーションの基本について話していきます。

プレゼン準備

話し方

プレゼンの準備でつまずいた方はこちら 話すことが苦手という方へ

練習方法

質疑応答

練習でプレゼンは格段にうまくなる 質疑応答でしったり対応する方法

SDS法とPREP法

知っておくと構成しやすい方法