伝わる企画書とは

実際に相手に伝わる企画書を作るのは大変です。
内容を分かり易く、それでいて見やすいものを心がけなくてはなりません。

さらにはそれらの項目について説明しなくてはならないので、企画書作成が苦手という方も多いのではないでしょうか。
そういった方は、企画書が上手く作れないためにプレゼンも苦手と思っている方も多いです。

逆に良い企画書を作ることが出来たら、それを早く人に説明したくなるものです。
周りからの賞賛や企画が通るかという期待などが生まれ、さらに楽しみも増えていくと考えられます。

企画書は的確なものを作ると、その分反響として帰ってくるので、苦手意識はまずは取り除いて、作っていくことが必要です。
では、どういった企画書が良いのでしょうか。まず一番に考えるべきことは、「いかにして相手に伝えるか」ということです。

これに関しては本当に大切な部分で、企画書をいくら作っても伝わらなくては意味がありません。
企画書をこれから つくろうと思っている方は、実際にどういった企画書が伝わりやすいのか考えると良いです。

伝わる企画書

伝わる企画書は一言で言うと簡潔かということです。
企画書を作る時、その企画について一言や一文で表現できるような簡潔さがあれば伝わりやすいです。

文章は長ければ長いほどその内容をぼやけさせてしまいます。
つまり可能であれば、一言で企画が伝わるように作るのが良い企画書と呼ばれるのです。

例えば目の前に企画書があって、それがページ数100ページだったらどうでしょうか。
読むのも嫌になりますし、そもそも「どんな企画してんだ」って思うと思います。

しかし、それが1ページだったらどうでしょうか。
それでいて、内容も的確かつ伝えたいことだけ書いてある。
これがよい企画書というものです。

実際に作るには

例えば、ある商品開発の企画書を作成するとします。
その時にまずはターゲットを決めて、予算を決めて、内容を決めて、どのようなジャンルにするか、という風に決めていくと思います。

企画書が膨大になってしまう方は、逆に言うととてもまじめな方です。
「あの情報も」「この情報も」という形で盛り込んでしまうことがあり、それが具体性の欠けるものとなってしまうのです。

まずは伝えたい内容を一つに絞り、それについて企画書を書いていくようにしましょう。
また、単に伝わるという観点から見ると、画像や映像を用いた企画も効果的です。

画像があれば一目でわかるので、文章を減らすことが出来ますし、映像であれば音声も入れることが出来るので、説明も不要になるかもしれません。つまり、いかに相手に分かり易く伝えられるかということが必要になってくるのです。
そういった時、まとめるということが大切になるので、まとめる力も付けておきましょう。