企画力を高めるには

企画力というのは企業にとって非常に重要なものです。
現代はある意味すでに飽和した状態となっています。

企画は独自性と発想力

例えば、カップラーメンなどを商品として企画してもすでに市場に似ているものがたくさん登場しています。
これらの飽和した状態では、新しいものを常に作っていくことは難しいです。
だからこそ、企画力を付けてさまざまな企画を出していかなくてはなりません。

しょうゆ味のカップラーメンがあったとして、そこから「しょうゆ味のカップラーメンの企画があるのですが・・・」といっても「それってもうあるよね」ということになるのです。
常に企業は新しいものを生み出さないと、需要がなくなってくるので、一定の人気商品があれば良いですが、さらに成長していくにはさらなる企画が必要となります。

しかし、現状としてはなかなか発想が出てこないという社員の方も多くなっています。
これは必然でもあり、例えば江戸時代に現代人がタイムスリップしたとして、そこでインスタントラーメンを開発したといます。

そうしたらどうでしょうか。
最高の企画として認められると思います。

現代社会はすでにそれらが溢れ返っているので、どうしても企画が滞ることがあるのです。
これからは更なる企画力を付けていくことが必要なので、企画が思いつきそうという方は、まずは紙やパソコンに出してみて、そこから独自性の高いものにしていくことが求められます。

実際に企画力というのは、その人のセンスや経験、技量によって大きく変わってくるので、鍛えるには時間もかかります。

企画力の高め方

一番企画力を鍛える方法としては、様々な多ジャンルのものに触れてみるということです。
これが意外と発想を生み出す原動力になったりします。まったく関係の内容なものでも、活かすことが出来るので、趣味を増やすことで企画力が伸びていく人もいます。

例えば海外旅行が趣味の方は、現地で様々な食材と出会うと思います。
単に旅行が趣味なのですが、そこからヒントを得て商品企画につなげていくということもできるので、なにがあるかわからないのが企画を出す面白さでもあるのです。

普段の何気ない行動や趣味などを広げていくことによって、企画に活かせることもあるので、それらを利用すると良いと思います。
うまく利用することで、より奇抜で独自性のあるアイディアが生まれてくることがあるので、自分の視野を広げていくことにしましょう。

良く「頭の中のことをアウトプットしろ」ということを言われると思いますが、頭に浮かんだことは紙やパソコンにひたすら書いてみるということも効果的です。
それらを組合わせて企画力を高めていくことが出来るので、常に頭は柔軟にして、いつでも企画を生み出す脳にしておきましょう。