企画書の書き方

企画書という言葉を聞くと不安になる方も多いかもしれません。
その一方で自分に企画書を作ってくれと頼まれたらワクワクしてくるという方もいるかもしれません。

この違いは何なのでしょうか。
おそらく真面目な方ほど前者で、気楽に考えられる方ほど後者だと思います。
真面目な方は「企画書はこうでなくてはならない」ということを前提に話を進めていってしまいます。

しかし、気楽に考えらえる人は様々な企画書の提案を柔軟な思考で行うことが出来ます。
実はこれが非常に難しい。
柔軟に企画書を作るということは、今までのフォーマットを崩すことになるので、その分難しさも出てきます。

しかし、それが作れる方は次々と頭を回転させて、企画書を作っていくことが出来るのですよね。
話が逸れましたが、企画書の書き方で一番重要になってくるのが、実は柔軟さだったりもします。

企画書について

ただ、企画書の書き方には様々な方法があるので、苦手という方はまずはフォーマットを使って作っていくと良いと思います。
会社で勤めている方はいままでの企画書のデータなどがあったりするので、それらを見てみると良いと思います。

先輩がいままでに作ってきた物を見ることができるのですから、それほど役立つものはありません。
まず、企画書を作る段階で悩んでしまった方は、この方法を利用すると良いです。

書き方の基などが載っているので、それを良い意味で真似していくと良い企画書が作れます。
ここからの記事ではそういった企画書の書き方などについても書いていこうと思います。
まずはどういったものを作るのか、考えてみましょう。

企画書を書くとき

企画書を書くとき、何から始めていいのかわからないという方がいると思います。
そもそも「企画書ってなんだ」という方もいると思いますが、簡単に説明すると企画を記載した書類ということになります。

文字通りなのですが、つまりはその企画内容が分かればいいのです。
そこで、まずは目標や結果を決めましょう。
例えばある商品についての企画であったら、「こういったものを作りたい」ということを決めてから、その詳細について書いていくのが良いです。

ここでも他の記事で説明したSDS法やPREP法などが使えるので、まずは結論から決めていき、そこから詳細や例を作っていくと企画書も書きやすいと思います。
なお、ただ企画書を作るとは言っても、相手に伝わる内容でなくてはなりませんし、企画書としてまとまりがなければ良くありません。

さらには企画力もそこらへんに転がっているような企画だと採用されないこともあるので、より具体性と独自性を考慮すると良いです。

伝わる企画書とは

ダメな企画書の特徴

伝わる企画書の書き方について 企画書として成り立っていないものなどを作らないために

企画力を高めるには

企画力を高めたい方はこちらから