プレゼン力を身に着けよう

会社に勤めている方や大学でゼミに参加している方などは、プレゼンテーションを行わなければならない方も多いと思います。
大学生などはまだ、 学生のうちなので、適用にやっているという方も多いですが、会社となるとそうはいきません。

プレゼンを乗り越えるために

a0008_001807そのプレゼンの内容がそのまま社内での評価になったりもしますし、その機会を失うと正直その先の未来は少し悲観してしまうかもしれません。
だからこそプレゼンと聞くと「ビクッ」となってしまう方もいるのです。

このサイトでは、基本的なプレゼンテーションの方法やコツ、進め方や資料作りまで、さまざまな情報を提供しようと思っています。

「これからプレゼンがあるけれど、どうしていいのかわからない」という方もいると思います。

正直なところ、毎日働いているとそういった資料を作るのも大変ですし、それが会議などに使われるのですから怖いと思うのは必然なのです。
何年も会社に勤めて、誰からでも信頼されている方であれば、そういったことで緊張する方も少ないかもしれません。

しかし、勤続年数数年の社員なども現状として多いので、そういった形は困ると思います。
正直なところ、しっかり資料を作って手順通りに進めていけばまったく怖くないものなので、プレゼンという言葉に抵抗感があるという方は、まずはそれらを取り払うことをしていきましょう。a0002_003655

しっかり準備しておけば怖いことは全くありません。
むしろ、準備が出来なくて怖くなっている方が多いのです。
準備はとにかく行うべきなので、プレゼンの話が来たらまずは準備から始めていきましょう。
本番のことは本番に考えると良いです。

サイトの使い方

このサイトでは主にプレゼンテーションをうまく進める方法などについて説明していこうと思います。
どう転んでも何とか対処できるようにサポートできるサイトとして使ってもらえればと思います。

まずは考え方や自分という社員としての立ち振る舞いなどの基本的なことが出来ていない方も多いので、そういった方は根底から変えていくと、またプレゼンの機会がやってきた時でも安心して行うことが出来ると思います。

このサイトの使い方としては、それぞれのフェーズごとに考えていけるようにするため、例えば「プレゼンの準備の仕方がわからない」ということがあれば、そちらの記事を見て「準備がわかるのだけれど、どういった話し方をすればよいのか」という方がいれば、その項目を見るようにしてください。
基本的なことばかりを書いていくつもりですが、それが一番大切なことだったりもします。
プレゼンでは基本ができていれば、まず失敗することはないです。

そして、プレゼンテーションで失敗をしないということが、会社の貢献度にも影響しますし、何よりも自分自身の評価にもつながることになります。
特に営業職の場合には、説明が上手であるかどうかというのは、重要な能力ですからきちんとツボを押さえておきましょう。

プレゼンテーションの基本

プレゼンの資料について

まずはプレゼンテーションの基本について 資料の作成で悩んだらこちらから

企画書の書き方

プレゼンが苦手な方へ

企画書の作り方と説明の仕方など プレゼンに苦手意識を持っている方へ